一人暮らしのインターネット回線 タイプ別おすすめ失敗しない選び方

一人暮らしのインターネットでは工事なしがいい 部屋に人を入れたくない

人物画像

 

人物画像

一人暮らしは自由な反面、いろいろなものを自分で買わないといけなかったりで大変ですよね。

 

一人暮らしのインターネット回線を選ぶときにも、気を付けることはたくさんあります。

 

なるべく安く済ませたい。
スピードが速いほうがいい
工事で人を家に入れたくない

 

人物画像

などなど、いろいろな気になることがありますよね。
アパートやマンションの一人暮らしのところに人が入ってくるのがなんとなく苦手な人もいるでしょう。 

 

当然作業してくれる業者の方が危険なことはけっしてありませんが、昨今はコロナの不安もあり、女性だけではなく他人を生活エリア内に入れることは不安な人も多いはず。

 

WiMAXなら工事がいらない

 

人物画像

そこでおすすめなのがWiMAXなどのポケットWi-Fiです。 

 

WiMAXなら、

 

申し込んだその日に発送。すぐ使える使えるスピード開通
工事なし。スイッチを入れれば即使えます。

 

自分の部屋でネットをするのはSNSやYouTubeをみたりするくらい、たまに見逃したテレビをみたり動画配信も少し見る。という程度の使い方であったら、一人暮らしのインターネット回線はWiMAXなどのポケットWi-Fiで十分に用をこなします。

 

動画サイトは1ギガで約何時間見れるのか?

人物画像

人物画像

主要な動画サイトが1ギガで何時間見れるかを表にしてみました。
各サイトのホームページに、映画などを見た場合のだいたいのギガ使用量が載っています。

 

WiMAXは3日で10ギガまでの通信制限がありますが、

 

おおむねこれくらいの通信料ならHuluを1日16時間くらい3日ぶっ続けで見ないと通信制限は超えませんので安心ですね。

Hulu

Amazon
プライムビデオ

Youtube Netflix

約4〜5時間

約4〜5時間 約3時間 約1時間

 

工事がないと引っ越しも楽

人物画像

人物画像

なにより工事がないということは、またいつか引っ越すときでも工事なしでそのままWiMAXを持っていかれるということ。

 

新しいアパートやマンションに引っ越したときにまたインターネット回線の心配をしなくても済むというのは非常に大きな安心です。

 

引っ越さなくてもお出かけのときは、外でスマホのギガを気にせずインターネットが出来るというのは絶対にうれしいわけです。

ずっとこのアパートに住むわけじゃないからネット回線を引きたくない

人物画像

一人暮らしで住んでいる物件はほどんどが賃貸のアパートかマンションだと思います。

 

インターネット回線の契約が不動産の契約に最初から入っている物件もあると思いますが、なかなかそういった気の利いた物件に住んでいる人ばかりではありません。

 

賃貸のいいところはすぐにまた引っ越しが出来ることでもあります。

 

物件に不満があったり、今よりもいい条件や家賃の安いところを見つけたらすぐに引っ越すことが出来るのです。

 

結婚して広い部屋が必要になることもあるでしょうし、転勤になることもあると思います。

 

そうなったときにまたネット回線をいちいち解約してまた新しいところで契約して、正直めんどくさいですよね。

 

ネットは欲しいけどいつまでここにいるかわからない

 

人物画像

仕事の都合で転勤がある人は辞令はいつも急に出るものですし、そもそも賃貸の物件にそこに一生住み続けるつもりで入居する人は多くないのではないかと思います。

 

いつ引っ越すかわからない状態でインターネット回線の工事をするわけにもいきませんよね。なのでやはり工事なしのインターネット回線WiMAXがとてもいい選択肢になってくるのです。

 

WiMAXについて詳細はこちら

スマホ代を月710円にして家のインターネット回線も手に入れる方法

人物画像

 

人物画像

ドコモやソフトバンク、AUなどの携帯キャリアでスマホを契約しているとだいたい月額の利用料はだいたい5,000円から8,000円かかっているのではないでしょうか?

 

それに端末を月割りで買っている場合は2,000円から3,000円プラスで多い人では月の携帯代金の支払いが1万円をこえてしまっている人もいると思います。

 

それにプラスして家のインターネット回線を入れるとなると、さらに月々の支払いが,4000円から5,000円ほど上乗せされてしまい、インターネット代金と携帯代で月1万円以上、1万5千円くらいかかってしまうことにります。

 

インターネット回線だけにそんなにお金を使うわけにはいかないですよね。 そんな理由で家のインターネット回線をあきらめてしまっている人も多いと思います。

 

でも、実は

 

家のインターネット回線も入れて、
今使っている携帯番号も変わらず、
携帯代を月々710円にする

 

そんな魔法のような方法があるのを知っていますか?

 

7,000円以上の節約が可能

人物画像

mineoという格安スマホ、格安SIMの携帯電話サービスをご存知でしょうか? 

 

これは、NTTドコモやAUの回線を利用して、より安い料金で携帯電話を提供するサービスです。

 

mineoを利用することで今の携帯電話番号はそのまま、lineも何もかも今の携帯電話のそのまま何も変わることなく、携帯電話の利用料金が710円(キャンペーン期間中)になるというものです。

 

人物画像

仮に今まで8,000円携帯電話料金を払っていたとすると、7,290円も節約できることになり、
これだけあったら年間87,480円の貯金が可能になってきます。

 

これはMVNOと呼ばれる格安SIMの仕組みで、Mobile Virtual Networking Operatorの略で、直訳すると「仮想移動体通信事業者」と呼ばれるもの。

 

ドコモやAUなどの携帯電話キャリアに通信回線を借りているため、設備投資がかからず利用料金が安くおさえられるのが特徴です。

 

このmineoの710円のプランに加入することで、あとはWiMAXにすれば、WiMAXの利用料が月々3,600円(3年間の利用料を平均した金額)程度なので、今まで払っていた携帯代よりも安い料金でスマホと家のインターネット回線を手にいれることが出来るのです。

 

WiMAXを見てみる

 

損をすることがほとんどない格安SIM

 

格安SIMで使えなくなる機能はキャリアメール(xxx@softbank.jpや、xxx@docomo.co.jpなどのメールアドレス)だけなので、ほかはスピードも中身も何も変化がないままただ料金だけが安くなるというものです。

 

連絡を取るのはLINEなどのメッセージツールがほどんどで、キャリアメールはほとんど使っていない状態の今、格安SIMに変えて実際に損をすることはほぼないのです。 今後永久に携帯電話を使ってくことを考えたら、年間9万円ちかくの節約は20年で180万円ほどの違いになり、これは格安SIMへの変更が早ければ早いほど得をするということになります。

 

WiMAXについて詳細はこちら

動画をたくさん見る人 Huluやアマプラ、ネットフリックスなどの動画サイトをたくさん見る人はこれ

人物画像

スマホでYouTubeなどの動画サイトは今や見ない人はいないくらい一般的になってきましたね。

 

Huluやネットフリックス、アマゾンプライムなどで映画を楽しむ人もたくさんいると思います。

 

スマホやタブレットで動画を見ているとついつい見すぎてしまってスマホの通信プラン以上に通信量を使ってしまい、

 

気が付いたら通信制限がかかってスマホが遅くなってしまった。という人も多いのではないでしょうか?

 

スマホの契約を大容量通信のプランに変更すると、それだけ料金も高くなるし、しかもそれでも実は全然足りなかったりします。

 

動画サイトを見ている人はわかると思うのですが、見ていると次々に見たい動画が出てきてしまいます。

 

あれも見たいこれも見たい、そうするともう通信量を気にしないで動画を楽しめる方法を考えたほうが絶対に得策ですね。

 

通信量を気にせず動画を見る方法

 

人物画像

こちらの表をご覧ください。これは、主な動画サイトを見るのにどれくらいの通信量が必要かを表したものです。

 

Hulu

Amazon
プライムビデオ

Youtube Netflix

約4〜5時間

約4〜5時間 約3時間 約1時間

 

前章でもお知らせしたように、スマホで動画サイトは1GB(1ギガバイト)でこれだけの時間視聴することが出来ます。
ただ、だいたい普通の人が加入している携帯プランは一か月で1ギガ程度のプラン。 

 

そうするとYouTubeでしたら1日6分程度しか視聴することが出来ません。毎日見ていなくてもあっという間に通信制限を超えてしまいます。

 

家のインターネット回線を使ってWi-Fi利用が出来れば一番いいのですが、家にインターネットを入れるのにも余計にお金がかかってしまいます。

 

そこで携帯電話を格安SIMに交換し、家のインターネット回線としてWiMAXを導入することで、通信制限を気にすることなく動画を楽しむことが出来るようになります。

 

WiMAXについて詳細はこちら

 

 

 

 

一人暮らしのインターネット 在宅勤務、テレワークで使いたい

人物画像

人物画像

新型コロナウィルスの感染拡大によっていろいろな会社でテレワークが盛んですね。

 

今はPCも携帯もスマホもあるので、オフィスに行かなくても出来ることは家で済ますという流れが出来つつあります。

 

会議もビデオ会議などが普通になり、どうしても会社に行く必要がある場合を除いては、家で出来ることの幅が広がっているのが実情です。

 

通勤の電車の混雑を避けるためにいろいろな会社で取り組みがされています。

 

でも自宅にインターネット環境がある人ばかりではく、また会社がネット環境を整えてくれる人ばかりでもないという現実があります。

 

また、自宅にネット環境はあったとしても、家だと仕事にならず、なくなく外へ出たり、車でPC作業をしている、なんて言う人もいるようです。

 

そうなったときにどこにでも持ち出せるWiMAXがあれば、ちょっと家から離れた場所でもPCとWiMAXさえ持っていればどこでも作業が出来るのでおすすめです。

 

もともと外でPC作業をする人が多く使っていたWiMAX。こういった時こそ本領を発揮するわけです。

 

WiMAXについて詳細はこちら

一人暮らしのインターネット 外出時も使えるポケットWi-Fi

人物画像

家でWi-Fiを利用する場合、光回線の契約をしてそれからWi-Fiルーターを介して使うことになります。

 

これだと工事が必要で光回線の契約をしたあと最短でも2週間ほど開通までかかってしまいます。

 

工事が完了して使えるようになり、快適に過ごすことが出来ても実は外出する際には携帯電話の通信プランを使うしかなく、ほぼ外で仕事していたり、家にいる時間あがあまりない人にとっては、
一人暮らしの家でインターネット回線を工事するというのはあまり現実的ではないかもしれません。

 

テレワーク、在宅ワーク、ワークフロムホームなど、最近では家で仕事をする形態もありますが、実際は家には寝に帰ってくるだけに近いひとが多いのではないかと思います。

 

そして今テレワークが流行っているからこそ、いつでもネットを経由したZOOM会議や、ライン電話などですぐに外出先で捕まえられてしまうので、実際には外でネットを使っていることのほうが多い、という方も多いのが実情です。

 

家にインターネット環境をそろえる必要がなくても、外出しているときに絶対に必要、また車を運転しているときもスマホが活躍しているので今まで以上にWi-Fiの環境が必要になっていますよね。

 

どこでも使える高速インターネットはWiMAXが現状人気ナンバーワンです。 申し込み後即日端末を発送してくれて到着後にはスイッチとパスワードを入れればすぐにインターネットが開通します。

 

インターネット回線をすぐに使いたいという方にもピッタリのWiMAXについてはこちら

 

WiMAXについて

家でインスタやフェイスブックなどを主に使う人のインターネット回線はこれ

人物画像

動画や速いインターネットが必要なワケではないけれど、家ではいつもSNSやブログを読んで楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか?

 

フェイスブックやインスタグラムなどはほとんどが写真と文章の投稿だけなので、動画を再生するよりも通信量がなくても心配ありません。

 

それでもWI-FIではなく4Gの環境でSNSを利用していると、WI-FI環境下で使っているよりも全然反応速度が遅いと言ことがあります。 

 

これは文章だけのブログやツイッターなどの簡易的なSNSと比べてフェイスブックやインスタグラムは写真が多かったり、埋め込みで動画が再生されるようになっているからです。

 

SNSの進化に携帯電話の回線速度がついていけてないというイメージになるでしょうか? そうなるとやはり自前で高速インターネットを用意したほうが、家でも快適にSNSを楽しむ方法になりますね。

 

3日で10GB(ギガバイト)までの容量があるWiMAXなら通信制限を気にせずに家でSNSを楽しむことが出来ます。しかも前述のとおりお出かけ時にも持っていくことが出来るため、外出先でSNSを見たい時でも通信料を気にすることなく使うことが出来ます。

 

スマホのギガを買い足すことなく快適にネット環境を手に入れることが出来るWiMAXについてはこちら

 

WiMAXについて詳細はこちら

速いインターネットのエリアに自分の家が入っているか知りたい

人物画像

WiMAXの高速インターネットはエリアによってはカバーされていない場合がありますので確認をしてみましょう。

 

ご自宅が高速インターネットのエリアに入っているかを確認するには、こちらのウェブサイトでご自宅の場所を入れてみると地図が表示されます。

 

ご自宅の場所がピンク色になっていたらWiMAXのカバーするエリアに入っています。

 

WiMAXのエリアを確認する

 

2020年5月現在ではほぼ全国がカバーされていますので加入に関しても問題はないと思います。

 

また、BROADWIMAXではエリア確認をチャットやオペレーターを介してしてくれるので実際に聞いてみるというのも早く解決する方法です。

 

WiMAXについてさらに詳細はこちら/

 

一人暮らしのインターネットの選び方 あなたに合ったインターネット回線を選ぶ方法

人物画像

人物画像

人物画像

 

一人暮らしのインターネット回線選びは、大きく分けて2つの選択肢しかありません。

 

 

光回線の工事をする

 

WiMAXなどの工事不要のポケットWi-Fiを契約する

 

どちらも一長一短ですが、大まかにメリットデメリットを見てみましょう。

 

光回線 WiMAX
スピードが速い

工事がいらない

メリット

大容量通信も安心 最短即日送付してくれる
受け取り後スイッチを入れるだけで使用可能
外にも持ち出せる
工事が必要 スピードはまあまあ

デメリット

開通まで最短約2週間かかる 3日で10ギガまでの通信制限
工事の人を部屋に入れる必要がある 地下など使う環境で速度が遅くなる

 

人物画像

これを踏まえて、利用する状況やタイプ別にどれがいいか判断できるように下記にまとめましてので参考にして下さいね。

 

ちなみに私は家でWiMAXを使っていますが、YouTubeやネットフリックスなどの動画も普通に見れるし、WiMAXの速度制限もあまり気にしたことがありません。

 

物件のタイプ別一人暮らしインターネットの選び方 部屋まで回線が来ているかわからない

お悩み@

部屋に回線が来てるかどうかってどうやってわかるの?

人物画像

一人暮らしのインターネット選びは住んでいる物件のタイプでも違ってきます。

 

アパート、マンションでも部屋までネット回線が来ている場合だと、プロバイダ契約だけして工事してもらえばインターネットはすぐに使用を開始できます。

 

部屋まで回線が来ているのはどうやって調べればいいの?というと、部屋に電話のモジュラージャックが来ていれば部屋の外までの工事は完了しています。あとは回線を契約するだけです。

 

この場合プロバイダにもよりますが工事費用はおおむね3000円程度で開通が出来ます。

 

ただ、この場合気を付けないといけないのは大家さんが回線を用意して契約をまとめて安くしてくれる場合があるので、住んでいる物件でどんなインターネット回線が使用可能か、必ず一度大家さんに確認しましょう。

 

どこの回線を契約しているか、どれくらいのスピードの契約をしているかを確認するのです。

 

JCOMなどの1MBや12MBくらいの低速プランの場合、ほかの部屋と共有しているとギガの取り合いになってしまい、夜の8時から12時頃の一番利用率が高い時間帯に、インターネットスピードが異様に遅くなってしまう場合があるので注意が必要です。

 

アイコン画像

もしアパート、マンションに備えつけのインターネット回線がない場合、または低速プランでいあまり使いたくない場合の解決方法は?

 

アイコン画像

自分で光回線の契約と工事を手配する。

 

リンク

 

アイコン画像

WiMAXやポケットWi-Fiなどの工事不要のインターネット回線を契約する WiMAXのプロバイダも20社以上ありますが、最安値はBroadWiMAXです。BroadWiMAXはキャッシュバックがない代わりに契約期間中の毎月の利用料が一番安く設定されています。 キャッシュバック額の大きさにつられて契約しないようにしましょう。結果的に高くついてしまうことが大変多く、後悔している人が続出しています。(こちらでWiMAXの価格差について詳しく説明しています。)

 

 

物件のタイプ別最適な一人暮らしインターネットの選び方 部屋まで回線が来ていな場合

お悩み2

部屋に回線が来ていない場合はどうすればいいの?

人物画像

部屋まで回線が来ていなくて、自分で工事をお願いしないといけない場合、やはり自分で光回線の申し込みをするか、WiMAXなどのポケットWi-Fiを契約することになります。

 

光回線の工事は申し込みから開通まで最短で2週間程度の時間がかかります。 また、工事の日は仕事を休んで家にいないと行けなかったり、ちょっとハードルが高いですね。

 

WiMAXは工事が不要で最短契約したその日に開通、端末も即日送ってくれます。

 

アイコン画像

もしアパート、マンションに備えつけのインターネット回線が来ていない場合も、選択肢は2つです。

 

アイコン画像

自分で光回線の契約と工事を手配する。(この場所にずっと住むわけじゃないしなあ、と思ったらわざわざ工事をしてまで回線を引くのもなんとなく気が引けますよね。)

 

アイコン画像

WiMAXやポケットWi-Fiなどの工事不要のインターネット回線を契約する (こちらで詳しく解説しています。)
トップへ戻る